□ UVバイオメーター501型

 自然太陽光中の紅斑紫外光(UV-B+A)の測定装置

   

 

         

        UVバイオメーター 501型

            

        今や太陽紫外光線の生物系に与える影響は、オゾンの現象に伴い、地球上に到達する

        量の拡大に伴い深刻な問題となっています。

        このUVバイオメーター501型は太陽から発する紅斑紫外光線を調節測定が可能です。

 

       【本機の特長】

         

        ● レコーダーは同時に2個のデテクターからの取入が可能

        ● ユーザーとの対話型の操作メニューとなっています

        ● デテクターの内部素子の温度の安定化が図られています

        ● 内部バッファーは大量データーの蓄積が可能

        ● レコーダー上に文字数値を表示するLCD搭載

        ● PC接続のための専用インターフェースを装備

        ● プリンター接続用インターフェースを標準装備

        ● モデムの使用により遠隔地へのデーター転送可能

        ● 内部電池のみで2時間の使用が可能

 

         *価格はお問合せ下さい。

 

      

      この商品はSolar Light社(米)の製品です

 

 

 

 

       ご購入・お問合せは下記ボタンからどうぞ

 

        

     

         

 

Copyright 2018 KOYO CORPORATION. All Right Reserved